里山

(油彩画)



この絵は隣町の里山の風景です。

緑一杯のとても閑静なところでした。


(体調)
この所ほとんど毎日同じように、食事2時間後に胸痛が始まり20分ぐらいで治まります。
軽く間食しても、同じようになるので、日に5,6回の胸痛があります。
食事の量もほとんど変わらないので、体重もまたほぼ一定です。

郷愁

(油彩画)

  P7290012_convert_20170801164720.jpg

この絵は町内の風景です。よく車で通るのですが、真冬に雪を大量に被ったときの風景がとても印象的だったことを思い出し、春になってまた行って見ました。

どことなく懐かしい風景に思えて写真を撮っていたら、突然、その家の人らしいご婦人の方が目の前の草むらで、草刈りをしているのに気づきました。不審者に間違えられてはいけないと思い、直ぐ撮るのを止め帰ってきました。

 

(体調)

8.10 孫達が遊びに来たので、退屈させまいと小4の男の子を誘ってキャッチボールをしました。

以前相手をしたのは手術前だったので、2年以上も前です。

当初は山なりのボールだったので、「もっと早いボールを投げるように」と言うと、「力いっぱい投げても大丈夫ですか」と言ってきました。私の病気を案じていたようです。すると、野球少年団に入っているので結構球も早く、最初はびっくりしました。こちらはまだ2年生の頃のイメージしかなく、しかも久しぶりのキャッチボールだったので無理もありません。孫の成長を再確認でき、とても満足でした。

私は捕る方はそれでも大丈夫でしたが、投げる方が肩を使うことが不安だったので、手首だけで投げていました。

30分ほどやっていたのですが、それでもしっかり汗をかいていました。

8.11 午前中に妻と買い物に行き、昼食は外食することに決め、久しぶりに以前行ったことのある店に入りました。

私の好きな酢豚ランチを注文しました。相変わらず美味しかったが腹一杯になり3分の1を残してしまいました。

胃が無いので、直ぐ満腹になってしまいます。

妻は野菜ラーメンを食べていたが、美味しいけど量が多すぎると言って、やはり少し残していました。

食べ過ぎたようで、家に帰った後もお腹が苦しい感じがして何もする気が起きず、少し寝ようと思ったがそれも止めて絵を描いていました。その後、絵に没頭していてすぐお腹のことは忘れていました。

今日は久し振りに逆流性食道炎が起きず、快適な一日でした。








橋梁(油彩画)

(油彩画)

     P7060034_(2)_convert_20170712103820.jpg

この絵は、新聞の写真を基に油彩で描いたものです。

タウシュベツ川橋梁(上士幌町)で、糠平湖の水位変動により、その姿を消すこともあり「幻の橋」
とも呼ばれる旧国鉄士幌線の遺構だそうです。


(体調)

8.2()、最近食事が喉につかえる感覚があるので、朝食をお茶漬けにして、昨夜の残り物の

焼き鳥(手羽先)、酢の物(もずく、きゅうり)、魚の缶詰等を食べた。喉につかえる感覚はなく

普通に食べられた。

9201回目の胸痛が始まり、15分で治まった。しかし9452回目がまた始まった。

短い間隔でおきることはめずらしいことだが、やはり15分ほどで治まった。

本当は短い間隔で何度も起きているのかもしれないが、痛みが少なく直ぐ治まるものは、
それに慣れてしまって、意識として残っていないのかもしれない。

腸液の逆流もしょっちゅう起きているけど、それにも慣れてしまって、意識することが少なく
なった気がする。

14253回目が始まり、少し胸の痛みがきつかったので、痰を精一杯吐き出し、飴を
なめながら
ソファーに横たわっていたら25分ほどで治まった。

17054回目が始まり、20分で治まる。

夕食時も、喉につかえる感覚があり何度か箸を止めながらたべた。

21005回目が起こったが20分ほどで治まった。

冬景色(水彩画)

(水彩画) 

    P3010003_(2)_convert_20170412110531.jpg

上の絵は隣町の風景です。
ドライブをしていて雪を被っている木立の姿が、

とても美しく映ったので写真を撮って描きました。

    P6060033_(2)_convert_20170712113544.jpg

こちらの絵は大沼公園にドライブに行った時の途中の風景です。

残雪がまぶしい荘厳な山と青い湖の対比がとても美しく目に映ってきたので、
車を止め、すぐ写真を撮り、その後はしばし感動に浸っていました。

(体調)

2017.7.28(金)今日も朝から調子がよさそうです。

朝食時は逆流性食道炎の症状はなかったが食事が喉に詰まるような感覚があり

ゆっくりとよく噛むことを注意しながら食べた。

ここ2日間、まったく逆流性食道炎の症状はない。

これまでも45回、2,3日症状が治まってはまた現れるという事を繰り返してきたので、今度はこの状態が何日続くか楽しみです。

今日は卓球の練習が無いので朝から絵を描いています。

1030、収まっていた軽い胸焼けがありましたが、飴玉をなめてこらえていたらすぐ治まりました。

14502度目の胸焼けがあり、今度はいつもと同じだったのでやはり飴玉をなめ、ソファーに横になっていたら20分ほどで治まった。

その後直ぐ、水分補給のため野菜ジュースを飲んだら酸が強すぎたのか胸が痛くなり、飲めなかった。

逆流性食道炎の症状が治まって直ぐのジュースはダメなのかもしれない。

水に変え少しずつ飲んだら普通に飲めた。

夕食はいつもと同じ量(手術前の半分位)を食べたが、食道の通りが悪く、詰まる感覚だったので、ゆっくり少しずつ食べた。

夕食から2時間後いつもおやつを食べるのだが、食欲はあっても満腹感があって入らないような気がして、リンゴ8分の1個だけ食べた。




棚田と紅葉

(油彩画)

    P9270008_convert_20170412105942.jpg

上の絵は、隣町の風景ですが、近辺では珍しい棚田の風景と、鮮やかな紅葉に感動し、
最初は水彩で描きました。
しかし、現地の鮮やかで壮大なイメージが表現されていなくて、物足りない絵になってしまいました。
そこで後日、キャンパスも一回り大きくして、新たに油彩で描いたものです。
少しはイメージ通りに描けた気がしています。

   閑静

こちらの絵も上の絵とは違う隣町の風景です。
絵の題材を探して、ドライブをしていて、閑静な山村の風景が広がる中に、
私には、他の家とは違う、一見洋風式に思える特徴のある建物に魅せられて写真を撮り
それを基に描いたものです。

(体調)
7.14(木)朝方430目が覚めトイレに行くと下痢を起こした。

その後下腹部痛は治まった。

今日は1300から卓球同好会の練習日のため、朝食を630に摂った。

いつもより早め(1130)に昼食を摂り卓球の練習に出かける。

1320いつもの胸痛が始まり1400まで練習を休み、そのあと1450まで卓球をして帰ってきた。
胃の切除前は、人一倍汗っかきで暑いときは“暑い”を連発する方でしたが、今日の卓球をしている時は
多くの人が“暑い”を連発しているにもかかわらず、自分はいつもと変わらない気がした。

確かに自分の体質が変わった気がする。体重が以前と比べ20%も軽く、ほっそりしたせいかもしれません。

夕食後2時間ほどして、胸痛があり30分ほどして治まる。



  
  

プロフィール

老いのレンブラント

Author:老いのレンブラント
病気をしたこともあって,
長い間(2年9か月)お休みしていましたが、今日から画面も一新させ再出発致します。
宜しくお願い致します。
趣味で時々絵を描いています。
稚拙ですが見て下さい。
スポーツは、するのも見るのも大好きで、今は卓球にはまっています。
2017/04/10

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR